2010年06月18日

共産、参院選に向け党首討論の積極開催を提案 (産経新聞)

 共産党は17日、民主、国民新、自民、公明、社民、みんなの6党の国対委員長に対し、参院選に向け党首討論会を積極的に開催するよう申し入れた。志位和夫委員長は同日の記者会見で「参院選の争点を国民の前で堂々と明らかにするのが党首の責任だ」と強調した。日本記者クラブ、NHK、民放各局にも同様の要請を行う。

【関連記事】
「論戦なく力ずく」 国民を愚弄し続けている民主党政権 
民主、失点隠し「逃げ得」作戦 “ご祝儀相場”で参院選に
菅首相代表質問 予算委見送りを撤回せよ
枝野幹事長「提案を野党が拒否したから」 会期延長せず
“イラ菅”早くも…記者団に逆ギレ連発「何の批判ですか」
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
「Twitterやめるだう!」――ハマコーが次に目指すものとは(Business Media 誠)
参院代表質問 菅首相、在任中は靖国神社参拝せず(毎日新聞)
<子宮がん>用語廃止を要望へ 日産婦学会(毎日新聞)
「生活再建まっしぐら」=社民キャッチフレーズ(時事通信)
posted by オザキ ケン at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。