2010年06月12日

神戸のパンダ、レンタル延長で合意へ 中国に年50万ドル(産経新聞)

 神戸市立王子動物園(神戸市灘区)で飼育中の2頭のジャイアントパンダについて、同市が借り入れ先の中国と交渉し、9日にも5年間の期間延長で合意する見通しであることが分かった。現在、中国側に年間50万ドルを寄付することなどで最終協議に入っているという。

 矢田立郎市長が明らかにした。同園は、中国と共同飼育繁殖研究を行うとの目的で平成12年からパンダを借り入れており、現在はオスの興興(コウコウ、14歳)とメスの旦旦(タンタン、14歳)の2頭を飼育。7月いっぱいで研究期間が満了する予定だった。

 借り入れは、阪神大震災で被災した神戸市民を元気づけたいとの目的もあり、多くの来場者を喜ばせた。一方、2頭の間では自然交配や人工授精が行われ、20年8月に出産したものの、赤ちゃんは数日で死亡しており、矢田市長は「2世の誕生を心待ちにしている」と話した。

【関連記事】
期待がかかるパンダの“実子”誕生 石原知事「5万ドル値切った」
大阪空港から中国に 和歌山パンダ「幸浜」、繁殖へ出発
中国「動物保護法」 動物より人間保護を
パンダは絶滅させればいい 英動物学者
動物園内も安心できない…中国でパンダ密猟続出

<新聞>「読んでいる」91% 協会調査(毎日新聞)
日米密約文書 情報公開法施行前に破棄の可能性 岡田外相(毎日新聞)
菅内閣、8日発足=農水相に山田氏昇格、枝野幹事長ら正式決定―「脱小沢」色濃く(時事通信)
「インテリア ライフスタイル」2010レポート(Business Media 誠)
初夏の一大絵巻「壬生の花田植」開催=広島県北広島町〔地域〕(時事通信)
posted by オザキ ケン at 03:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。