2010年03月02日

スタンリー・ミラー

ユーリー=ミラーの実験のイラストスタンリー・ロイド・ミラー(Stanley Lloyd Miller、1930年3月7日 - 2007年5月20日)は、アメリカの化学者。カリフォルニア州オークランド生まれのドイツ系アメリカ人。1953年、彼がシカゴ大学の大学院生だった時に、ハロルド・ユーリーの研究室で行ったユーリー=ミラーの実験で有名。この実験は、原始地球の環境で有機物(つまりアミノ酸)が生成されるかもしれないということを示していた。これは生物学史に残る最初の『生命の起源』に関する実験的証明である。学部生の時はカリフォルニア大学バークレー校でハロルド・ユーリーから指導を受けた。1954年にシカゴ大学から博士号を受けた。晩年はカリフォルニア大学サンディエゴ校の化学科名誉教授であった。2007年5月20日、心不全のため死去。77歳だった。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC」より作成カテゴリ: アメリカ合衆国の化学者 | ドイツ系アメリカ人 | 1930年生 | 2007年没

元厚労局長、村木被告は無罪主張 郵便不正初公判(産経新聞)
2連敗の清水名人、切り替えに必死…将棋 女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
広島訪問意欲の米大統領発言を歓迎=平野官房長官(時事通信)
<東京7歳児虐待>静岡で強盗容疑、継父を再逮捕へ(毎日新聞)
月1万円の賃金引き上げや定期昇給を要求へ―介護クラフトユニオン(医療介護CBニュース)
posted by オザキ ケン at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。