2010年06月18日

共産、参院選に向け党首討論の積極開催を提案 (産経新聞)

 共産党は17日、民主、国民新、自民、公明、社民、みんなの6党の国対委員長に対し、参院選に向け党首討論会を積極的に開催するよう申し入れた。志位和夫委員長は同日の記者会見で「参院選の争点を国民の前で堂々と明らかにするのが党首の責任だ」と強調した。日本記者クラブ、NHK、民放各局にも同様の要請を行う。

【関連記事】
「論戦なく力ずく」 国民を愚弄し続けている民主党政権 
民主、失点隠し「逃げ得」作戦 “ご祝儀相場”で参院選に
菅首相代表質問 予算委見送りを撤回せよ
枝野幹事長「提案を野党が拒否したから」 会期延長せず
“イラ菅”早くも…記者団に逆ギレ連発「何の批判ですか」
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

運転士が準特急と勘違い、駅を280m通過(読売新聞)
「Twitterやめるだう!」――ハマコーが次に目指すものとは(Business Media 誠)
参院代表質問 菅首相、在任中は靖国神社参拝せず(毎日新聞)
<子宮がん>用語廃止を要望へ 日産婦学会(毎日新聞)
「生活再建まっしぐら」=社民キャッチフレーズ(時事通信)
posted by オザキ ケン at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

神戸のパンダ、レンタル延長で合意へ 中国に年50万ドル(産経新聞)

 神戸市立王子動物園(神戸市灘区)で飼育中の2頭のジャイアントパンダについて、同市が借り入れ先の中国と交渉し、9日にも5年間の期間延長で合意する見通しであることが分かった。現在、中国側に年間50万ドルを寄付することなどで最終協議に入っているという。

 矢田立郎市長が明らかにした。同園は、中国と共同飼育繁殖研究を行うとの目的で平成12年からパンダを借り入れており、現在はオスの興興(コウコウ、14歳)とメスの旦旦(タンタン、14歳)の2頭を飼育。7月いっぱいで研究期間が満了する予定だった。

 借り入れは、阪神大震災で被災した神戸市民を元気づけたいとの目的もあり、多くの来場者を喜ばせた。一方、2頭の間では自然交配や人工授精が行われ、20年8月に出産したものの、赤ちゃんは数日で死亡しており、矢田市長は「2世の誕生を心待ちにしている」と話した。

【関連記事】
期待がかかるパンダの“実子”誕生 石原知事「5万ドル値切った」
大阪空港から中国に 和歌山パンダ「幸浜」、繁殖へ出発
中国「動物保護法」 動物より人間保護を
パンダは絶滅させればいい 英動物学者
動物園内も安心できない…中国でパンダ密猟続出

<新聞>「読んでいる」91% 協会調査(毎日新聞)
日米密約文書 情報公開法施行前に破棄の可能性 岡田外相(毎日新聞)
菅内閣、8日発足=農水相に山田氏昇格、枝野幹事長ら正式決定―「脱小沢」色濃く(時事通信)
「インテリア ライフスタイル」2010レポート(Business Media 誠)
初夏の一大絵巻「壬生の花田植」開催=広島県北広島町〔地域〕(時事通信)
posted by オザキ ケン at 03:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。